掲載記事詳細
トップ掲載情報市民タイムス おいしい味噌出来るかな? 小学生が仕込み体験>文章
記事内容

おいしい味噌出来るかな?
小学生が仕込み体験

 松本市の寿小学校の二年生は十六日、同市
埋橋一の石井味噌店でみそ造りを体験した。
こうじと塩、大豆を混ぜ合わせて、一年後に
完成するみそを仕込んだ。児童たちは「おい
しいみそができるといいな」などと言いなが
ら丁寧に作業していた。

 石井味噌店の丸山秋雄さん(50)がみその原
料や造り方について説明した。児童たちはお
けの中でこうじと塩を混ぜ、そこに煮てつぶ
した大豆を混ぜていった。「甘酒みたいなに
おいがする」「混ぜるのが難しい」などと言
いながら、楽しそうに作業を進めた。混ぜ合
わせたものを専用の容器に詰め、自分の名前
を書いたシールを張った。石井味噌店で醸造
させ、一年後に「マイみそ」を受け取る。丸
山さんは「日本の伝統食のみそを自分で造る
ことで関心を持ってもらい、将来的にもみそ
を食べてほしい」と話していた。

 市の地産地消食育推進事業の一環で行われ
た。寿小はクラス単位でみそ造りの体験学習
をしており、十六日には三クラスの計約百人
がみそ造りを体験した。残るニクラスは十
九日に体験する。石井味噌店は一月中に、寿
小など市内の五つの小学校の約六百人の体験
学習を受け入れる予定だ。

みそ造りを体験する児童たち